PEOPLE
人を知る
佐藤 翔太
SHOTA
SATO

佐藤 翔太

リユース事業部 リユース商品課
MD/メンズ商品企画
2016年中途入社
企画・デザインを手がけたスキニーパンツが大ヒット!

企画・デザインを手がけた
スキニーパンツが大ヒット!

オリジナルアパレルブランド「アンティクローズ」にて、メンズ衣料のデザイナー/マーチャンダイザーを担当しています。メンズ衣料の分野でどんな商品が売れるかを予測し、服を企画・デザインし、全国のお店で販売します。たとえば、私が企画したメンズスキニーパンツ。シンプルで、どんな人のファッションにも取り入れやすいベーシックアイテムとして企画し、他ブランドの商品よりも低価格を実現することに力を入れました。その結果、過去の販売実績と比較して3倍以上を売り上げるロングラン商品に成長。商品企画からデザイン〜販売まですべての流れを担当し、ファッション業界の最前線で仕事ができていることに、手応えを感じています。

好きなファッションを追求して、世界を広げていった10代のころ。

好きなファッションを追求して、
世界を広げていった10代のころ。

10代のころからファッションが好きで、休日には地元のセレクトショップ巡りをしていました。最初はストリート系ブランドが好きで、そのうちに海外のインポートブランドに惹かれ、ブランドの原点が知りたくなって古着の収集を始めるなど、世界が広がっていきました。ファッションを仕事にしようと決めたのは、就活を控えた大学生のときです。自分の将来を考えたとき、昔から好きだったファッションに関わる仕事がしたいと強く思いました。そのため、大学卒業後にファッションの専門学校に3年間通い、勉強に励みました。その後、アパレルメーカーでデザイナーとして働いた後、当社に出会い、仕事の幅広さに惹かれて転職しました。

バラエティ豊かな商品企画を手がける仲間との仕事環境は、刺激が多い。

バラエティ豊かな商品企画を手がける
仲間との仕事環境は、刺激が多い。

職場では、ファッションが好きな先輩や同僚に囲まれて仕事をしています。私の担当はメンズ衣料ですが、その他、メンズ服飾・雑貨を担当するデザイナーや、レディース衣料担当、服飾・雑貨担当など、さまざまなジャンルの商品企画・デザインを担当する仲間が集っています。周囲で、バラエティ豊かな商品の企画が進行している環境なので、刺激が多いです。全員でのミーティングなど、チームが集まって会話をする機会があると、「アンティクローズ」というブランドをどのように育てていくか、熱い議論を交わしています。ファッションの趣味嗜好はバラバラなのですが、ブランドを大きく育てたいという気持ちはみんな同じなので心強いです。

日本中のみんなが知っている
ブランドに育てたい。

「アンティクローズ」というブランドの認知を高め、多くの人が知るブランドに育てたい、それが今の目標です。自分の中では「打倒セレクトショップ!」という気持ちがあり、休日には、ベンチマークしているセレクトショップを回り、商品やお店の雰囲気、価格帯などをチェックしています。「アンティクローズ」も、さらに多くの人に知ってもらえれば、シンプル&ベーシックなテイストや、低価格帯のアイテムなど、ブランドの良さを分かってもらえると自信を持っています。そのために、雑誌掲載やSNSへの投稿など、できることはたくさんあります。ブランド認知を高めたその先に、「アンティクローズ」のショップを全国展開できたら、最高ですね。