PEOPLE
人を知る
北川 千賀
CHIKA
KITAGAWA

北川 千賀

リユース事業部
アシスタントマネージャー
2016年新卒入社
買取から販売まで、すべて自分で担当できる面白さ。

買取から販売まで、
すべて自分で担当できる面白さ。

「セカンドストリート」のレディース担当として、商品の買取から販売まで担当しています。この仕事の面白さは、仕入れから販売まですべての流れを自分で担当できることです。一般的なアパレル業界で言えば、バイヤー業務から、店頭での販売まで担当するのと同じです。これって、凄いことだと思っています。お客さまのニーズにアンテナを張り巡らせながら、どんな商品をいくらで買い取るのか、どんな価格で販売すればお客さまに喜んでもらえて、なおかつ、利益が出せるのか。すべて自分でコントロールしていきます。ファッションの知識に加え、ビジネスに対する見識も必要です。こんな経験が積める場所は、他に無いと思っています。

私の原体験になった、叔母の経営する古着屋。

私の原体験になった、
叔母の経営する古着屋。

高校生のころからファッションが好きで、将来はアパレル業界で働きたいと思っていました。実は、叔母が古着屋を経営しており、よくお店に遊びに行っていました。US古着がメインで、自分でアメリカへ買い付けに行き、自分のお店に並べる。憧れていたし、私もこんな仕事がしてみたいと思っていました。今でも、休日にはショップ巡りが趣味です。でも、フェスやライブ通いも好きで、好きなアーティストのライブには欠かさず駆けつけて、楽しんでいます。予定がない日は、インターネットでライブ動画を終日見ていることも多いです。そういう時間があると、次の日からの仕事も頑張ることができるんです。

今でも連絡を取り合う同期の仲間が支え。

今でも連絡を取り合う
同期の仲間が支え。

同期の仲間の存在は、心強いです。私は関西で入社の選考を受けたこともあって、同期のほとんどは関西にいます。少し寂しいと思うこともありますが、今でも連絡を取り合っています。数少ないですが、名古屋配属になった仲間もいて、休日には予定をあわせて食事に出かけます。「セカンドストリート」で働く人たちは、ファッションが好きで個性的な人たちが多いです。みんなこだわりが強くて、自分の好きなブランドをひたすら追求する人、ファッションに対してプライドを持って仕事をしている人。私も根っからの古着好きですが、周りの人たちのファッション知識などを聞く機会があると「敵わないなぁ」と思うことも多いです。

店長やその先のポジションを目指し、
現場の経験を積み重ねる。

実は、憧れの存在の人がいます。その方は、女性で、数少ないゾーンマネージャーになった人です。私も将来は同じポジションに就きたいと、密かに思っています。そのためには、まだまだ経験不足。まずは店長になることが最初の目標です。この仕事って、ファッションが好きなだけでは駄目なんです。ある意味、経営者の目線が必要なときもある。たとえば、ある店舗で成功した方法でも、別の店舗で通用するとは限らない。お店の客層や地域性も考えて、自分で情報を分析し、エラーが出たら細かく修正していく能力も大事です。私も、大きな目標を目指し、まずは日々の業務で少しずつ経験を積み重ねていきたいと思っています。