PEOPLE
人を知る
平崎 裕紀
HIRONORI
HIRAZAKI

平崎 裕紀

情報システム部 情報システム課
2018年中途入社
システムの側面から事業をサポートする。

システムの側面から
事業をサポートする。

社内の業務システムの運用・保守を担当するエンジニアとして働いています。当社では、いろんな現場で実に多くの業務システムが稼働しています。その中で「操作方法が難しい」というユーザーからの要望に応える。些細な操作ミスでシステムに不具合が起きてしまったときには、素早く修理作業をします。また、次から次に生まれる新技術を常にキャッチアップし、担当システムに活かせないかと、業界動向にアンテナを張り巡らせることも欠かせません。今、どのような技術があるのか、新技術を取り入れた際、現在よりも、どれくらいのコストダウンが可能かなど、改善できる広い視野を持ち続けることが重要です。

ITの世界に初めて触れ、憧れを抱いた中学生のころ。

ITの世界に初めて触れ、
憧れを抱いた中学生のころ。

初めてITに興味を持ったのは、中学生のときです。ある友達がパソコンを買ったと聞きつけ、物珍しさから遊びに行ったところ、今までに見たこともないITの世界に触れて憧れを持ちました。早速、私も貯めていたお金でパソコンを購入し、親に頼んでインターネット回線を引いてもらいました。そこからは、早かったです。高校で情報処理を学び、当時流行していたフラッシュにハマり、高校の卒業制作ではフラッシュを使ったムービーを制作しました。名古屋のIT専門学校に通い始めたころには、将来の進路をエンジニアに決め、システム会社で経験を積んだ後に、「ユーザーに近い所で仕事がしたい」と、当社に転職しました。

スキルを高め合える仲間たちと働ける。

スキルを高め合える
仲間たちと働ける。

チーム全体としては、新しい技術を取り入れ、スキルを高めたいと話し合っています。現在のチームでは、ウェブシステムなどの分野で経験やノウハウが足りていない現実もあります。当社は歴史のある企業ですから、長期間使っている業務システムも多く、改善の余地がある箇所もあります。そうした課題に対し、最先端の知識を持ったエンジニアチームとして力を発揮できれば、改善できることがたくさんあると思うのです。私自身も、これから大幅なシステム改修プロジェクトの担当として、新しい領域の仕事が始まります。そこで自分自身のスキルをさらに高め、チームの力になりたいです。

自分のアイデアを活かした
システムを構築してみたい。

今は、チームリーダーのサポート役としてたくさんのシステムに関わり、経験を積み重ねている最中です。このままたくさんの知識を吸収し、将来的にはチームリーダーとなって、自分のアイデアを盛り込んだシステムを構築したいです。もともと、当社に転職をしたのも、ユーザーに近い位置で働き、自分のシステムで人の役に立ちたかったからです。そういう意味では、さまざまな現場から意見が集まる今のポジションにやりがいを感じています。たくさんの声を聞く中で、自分なりのシステムの改善点や、試してみたいアイデアも出てきました。当社はインフラへの投資も積極的な風土があるので、新しいことに挑戦しやすい環境があると思っています。